明治 ザ・チョコレート

袋を開けると、広がる香り。産地の個性をダイレクトに伝えるチョコレート、meiji THE Chocolateの公式note【DISCOVER THE CHOCOLATE】です。チョコレートを大人の嗜好品にするために、明治が試行錯誤して生まれた4つの香味の秘密を掘り下げます。

明治 ザ・チョコレート

袋を開けると、広がる香り。産地の個性をダイレクトに伝えるチョコレート、meiji THE Chocolateの公式note【DISCOVER THE CHOCOLATE】です。チョコレートを大人の嗜好品にするために、明治が試行錯誤して生まれた4つの香味の秘密を掘り下げます。

    マガジン

    • meiji THE Chocolateの香味の秘密

      カカオ豆の生産現場や、商品開発のエピソードなどをご紹介しながら、meiji THE Chocolateのカカオ豆の香味の裏に隠された秘密を解き明かしていきます。

    • チョコをも溶かす熱量のカカオマニアたち

      チョコレートを語らせたら止まらない、熱いカカオマニアたちのインタビューです。

    リンク

    meiji THE Chocolateの香味の秘密

    カカオ豆の生産現場や、商品開発のエピソードなどをご紹介しながら、meiji THE Chocolateのカカオ豆の香味の裏に隠された秘密を解き明かしていきます。

    すべて見る

    明治が積み重ねてきた、発酵の研究──meiji THE Chocolateの香味の秘密 #8

    発酵はチョコレートづくりの「肝」。チョコレートのおいしさの約7割は、品種と産地、そして発酵で決まると言われています。しかし、この発酵を制御し、安定しておいしいカカオ豆を作ることは容易ではありません。品種によっても、農家や地域によっても適切な方法が異なるからです。 明治はいかにして、農家とともに発酵のコントロールを行い「明治スペシャリティカカオ豆」を実現したのか。今回はその取り組みについて語ります。 農家のさまざまな課題に合わせた支援を実践 明治はカカオ産地の農家と協力し

    スキ
    15

    チョコレートは発酵食品。香味を決める自然の力──meiji THE Chocolateの香味の秘密 #7

    チョコレートは発酵食品です。 そう聞くと意外に思われる方も多いかもしれませんが、チョコレートは納豆や味噌のように、微生物の働きによって香味や栄養価が高まった食品の一つなんです。今回は、チョコレート作りにおいて欠かせない重要なプロセスである「発酵」の役割について語ります。 チョコレート作りに欠かせない発酵 納豆、味噌、醤油、酢、日本酒──日本には昔からたくさんの発酵食品が存在します。世界を見渡すと、ワインやビール、キムチ、ヨーグルトも発酵食品の仲間であり、チョコレートもそ

    スキ
    29

    研究を重ね、追求し続ける「明治スペシャリティカカオ豆」──meiji THE Chocolateの香味の秘密 #6

    「meiji THE Chocolate」は明治スペシャリティカカオ豆を使用しています。明治スペシャリティカカオ豆とは、カカオ産地との取り組みにより実現したこだわりのカカオ豆で、その豆特有の香りと味わいを引き出すために品種確認、発酵やローストにこだわったスペシャルな豆のこと。明治の中でも特別なオリジナルカカオ豆と言い換えてもいいでしょう。 では、この「明治スペシャリティカカオ豆」はいつどのように生まれ、他のカカオ豆とはいったい何が違うのか。その「スペシャル」な由来について語

    スキ
    14

    個性豊かなカカオ豆、その上流を探る──meiji THE Chocolateの香味の秘密 #5

    「Bean to Bar(ビーントゥバー)」という言葉を耳にする機会が増えてきました。チョコレートの原料であるカカオ豆の選定から製造まで自社で一貫して行うスタイルを意味するこの言葉は、チョコレートマニアの間では多く知られています。 では、「Tree to Bar(ツリートゥーバー)」「Farm to Bar(ファームトゥーバー)」という言葉はいかがでしょうか。明治が目指しているのは、カカオの木の栽培をする農園からチョコレートをお客さまに提供するまでの全行程を一貫して手掛ける

    スキ
    26

    チョコをも溶かす熱量のカカオマニアたち

    チョコレートを語らせたら止まらない、熱いカカオマニアたちのインタビューです。

    すべて見る

    小さな道を、だんだん大きく。開拓し続けるショコラティエ・土屋公二さん

    日本を代表するショコラティエの一人であり、手作りチョコレート専門店「ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ」やBean to bar 専門店「CACAO STORE」などを手がける土屋公二さん。オンライン講座“チョコレートのある人生”では語り尽くせなかったチョコレートへの熱い想いを、改めて土屋さんに伺いました。 ショコラティエの道へと突き動かした原点 パティシエといえば、子どもの頃に母親が作ってくれたお菓子がきっかけでお菓子を作りたいと思うようになった……という人が多いんですが

    スキ
    37

    本当に“現場のためになる”カカオ生産の形とは?

    カカオを求めて世界の産地を周り、長期間滞在しては農家に丁寧にヒアリングを重ねてカカオ豆の生産を辛抱強く指導していく。文字通り、体を張って現地の農家をサポートし、良質なカカオ豆の生産を実現してきたのが、研究本部商品開発研究所カカオ開発研究部の宇都宮洋之です。チョコレートの祭典「アンペリアル・ショコラ」で日本人としてはただ一人招待され、「meiji THE Chocolate」をフランスのチョコレート愛好家による権威あるクラブ「C.C.C」での受賞にも導いた宇都宮が語るカカオ道と

    スキ
    35

    いつか「究極のmeiji THE Chocolate」をつくりたい!

    チョコレート文化の普及啓蒙活動に力を入れている、食品開発本部カカオ開発部開発1G長・藤原成一。その活躍の場はテレビにとどまらず、YouTubeにも! 「チョコレート王子」という愛称を持ち、明治入社後チョコ一筋24年の藤原が、長く生き続ける商品の条件や、将来の夢を語ります。 内臓をフルに駆使した研究所時代私とチョコレートとの出会いは幼少期にさかのぼります。近所の駄菓子屋さんで売っているチロルチョコや麦チョコは大好物。お歳暮にチョコレートをもらうと、独り占めしていました(笑)。

    スキ
    39

    将来はカカオ農園主に!?

    自他共に「カカオばか」の異名を持つ佐久間悠介は、食品開発部カカオ1グループで「meiji THE Chocolate」を担当しています。カカオの原産地にもくまなく足を運び、カカオ農家と熱く語り合い、プライベートでもチョコレートのリサーチを欠かさない佐久間が「meiji THE Chocolate」のリニューアル秘話を語ってくれました。「カカオばか」ならではの、チョコレート愛に満ちたお話が始まります。 ────── ひたすらカカオ豆をいじりまわす毎日。私は大学で生物学を専攻

    スキ
    133